子供の包茎手術

子供の包茎手術まずは無料カウンセリングから

 

たまに中学生になる息子の同級生の親御さん達と飲む機会があります。
その時に何度か話題になったのが子供達の包茎についてです。

 

我が家の息子はすでに包茎ではありません。
息子が将来包茎でコンプレックスを感じたり、悩んだり、包茎で病気になったりしない様に、子供の頃から包茎について話をしてきました。
そのかいあってか息子は皮を剥くという作業をペニスの成長が始まった頃から始めていた様です。

 

ところが親御さん達の話によると、同級生の男の子達はまだ剥けていない子が結構いる感じがします。
包茎であることが恥ずかしくて間近に迫った修学旅行に行けないと言っている子もいる様なのです。

 

気持ちはよく分かります。
私も皮が剥けたのは高校生の終わり頃でした。
つまり中学校の修学旅行の時はまだ包茎のままだったんです。

 

宿泊した旅館の大浴場に、同級生達と向かう時の気持ちは今でも忘れられません。
皮をかぶっているペニスを見られない様に、必死にタオルで隠していました。
それでも包茎であることがバレてしまい、皮が剥けて勝ち誇っている子たちにからかわれたのです。

 

私はその時のことがあって、それから少しずつ皮を剥く練習をしました。
でも痛くて痛くてたまらず、何度も挫折しそうになりました。
長い時間掛かって幸運にも何とか剥けて包茎とはサヨナラ出来たわけですが、本当に包茎で悩まされたなぁと今でも苦い思い出として残っています。

 

最近では包茎クリニックに通う子供が多いそうです。
実際息子の同級生がクリニックに行ったことがあるという話も聞いています。
包茎クリニックは大人が通うものだと思っていたので、ちょっとばかりびっくりさせられてしまいました。

 

子供が包茎で精神的苦痛を感じないようにしてあげるのは親の役目です。
若くから包茎でコンプレックスを感じてしまうことは、自分の経験からしても決して良くは無いことだと分かっています。
そういう意味ではまだ子供だとは言っても、包茎クリニックに連れていくのは正しいと思いました。

 

世の中には包茎で恥ずかしい思いをしている子供がいるはずです。
堂々とお子さん達が修学旅行に行ける様、クリニックに相談してみるという考え方もありですよね。

 

 

 

詳細はここから


子供の包茎手術まずは無料カウンセリングから関連ページ

仮性包径手術をするメリット
包茎は遺伝でなるの?