包茎遺伝

 

包茎は遺伝でなるの?

 

 

 

「包茎って遺伝するのかな…?」一緒に飲んでいた友人がふと漏らした言葉です。
今までそのようなことを考えたことはありませんでしたが、言われてみれば遺伝するのか気になるところではあります。

 

友人は笑いながら包茎であることをぶっちゃけてくれました。
そしてどうやら彼の父親や兄も揃って包茎らしいのです。
その様な環境にあったら自分の包茎が遺伝なのではないかと考えてしまうのも無理はないと思います。

 

しかし私の家では父は包茎だったと記憶していますが、私や弟は包茎ではありません。
つまり遺伝は関係ないのではないでしょうか。

 

気になってしまったので、包茎の遺伝について調べてみました。
結論から先に言うと包茎の遺伝は関係ないと思われます。
ペニスの大きさや皮の長さや厚さを引き継いでしまう可能性は否定できませんが、だからと言ってそれが包茎に繋がるというわけではなさそうなんです。

 

包茎になってしまう原因には色々な要素が考えられますけど、一番大きいのは父親のアドバイスがあるかないかだと感じました。
思春期に父親から包茎とは何なのか、包茎のままだと良くない点などの説明を受けると意識が高まります。
大人になって包茎で悩むことが無い様、父親が息子に皮を剥く練習をさせることが分かれ目になるのです。

 

そうすれば思春期を迎えた子供も皮を剥いてみようとするはずです。
その様なアドバイスが無いまま普通に過ごしていると、自分が包茎なんだと自覚することなく成長してしまうことになります。

 

本来なら皮が自然と剥け始める頃に亀頭も成長します。
勃起した時に亀頭がすんなりと飛びだしてくれたら良いのですが、皮まで一緒に伸びていってしまうのが問題なんです。
皮の成長もあるせいで亀頭が隠れた状態になって包茎状態が続いてしまうわけですね。

 

大人になるとペニスは成長しなくなってしまうので、その時点までに皮が剥けていなければアウトと言えます。
こうなったら包茎クリニックにお願いするのが一番だと思います。
無料カウンセリングをしてくれる場所も多いので、悩むよりもとりあえず相談してみるのが一番です。

 

 

詳細はここから